Loading

乳酸菌生産物質とは

私達が生まれた時から腸内に住み着いている腸内細菌の中の善玉菌が、乳酸菌やビフィズス菌で毎日作り出している代謝物で、
腸内細菌(腸内フローラ)のバランスを正常に保持し腸内環境を良くする健康維持の為に大切な物質です。

乳酸菌と乳酸菌生産物質の違い

「乳酸菌生産物質」とは、人が健康に生活していくのに必要不可欠な物質です。
食べ物は、口から入っただけでは体に吸収されません。
胃液で分解された後、栄養素のほとんどが小腸、水分は大腸で吸収されます。
身体の窓口である腸は栄養素を吸収し、有害な物質は排泄、そして有害菌等の侵入に対しても
侵入阻止、さらに体内に侵入されたらリンパ球が攻撃し人体を守ります。
腸内環境は健康にとって極めて大切なのです。
腸内環境のバランスは腸内の善玉菌が作り出す「乳酸菌生産物質」によって正常に保たれます。
しかし、腸内の善玉菌は、食生活や加齢により減少する傾向にあります。
一般的にヨーグルト等の「乳酸菌」を食べれば良いと思われていますが、実際は腸に届くまでに
胃酸で菌が減少し、腸内でも増殖はなかな出来ず腸内を通過してしまいます。
「乳酸菌」を食べても「乳酸菌生産物質」を腸内で作るのは難しいのです。